大学卒業してとりあえず一年やりたいことを好き勝手やってみて思ったこと

大学卒業してとりあえず一年やりたいことを好き勝手やってみて思ったこと

 

Satoshiです。今回は、新卒で就職もしないで、好き勝手一年海外でボランティアをしたり仕事をしたり観光をしたりして実際どうだったのか、後悔はしているのか?について書きました。また、新卒で就職することを迷っている人に参考になればとも思います。

 

まず大学を卒業した僕が一年間に行ったことをざっと書いていくと、以下のようになります。

1.ケニアでNGOボランティア⇒ケニア・ウガンダでボランティア(Workawayというアプリを利用)

2.パラグアイで仕事(草の根プロジェクトの業務補助員として主にスペイン語⇒日本語の翻訳を行っていました)

3.南米エクアドル・コロンビア(チリとメキシコも数日)で観光&ボランティア(コロンビア)

 

という感じです。

 

正直、やって良かったと思っています。

後悔は全くしていません。そもそも、僕は基本的には後悔をすることはあまりないタイプです(笑)

 

もちろん、内省とか反省とかはしますが、「こうしてればよかった」など、考えるだけ時間の無駄です。だって過去は変わらないんだもん。生きてくる思考と言うのは、「これからはこんな状況ではこうしよう」という反省だと思っています。

 

ただもしやり直せるとしたら、飛行機のチケットとパスポートは無くさないようにするかな~~!
(といいつつしっかり後悔してる笑 詳しくはこちらの記事)

 

ただ、この一年間で学べたことは、今まで生きてきた一年間で最高級のものだったと思っています。貯金はだいぶなくなったけども(笑)。

 

というわけで後悔は全くしていないのだけど、このように生きていくと一点だけちょっとメンタルに来る瞬間があります。

 

ずばり、職を聞かれたときです(笑)

 

まー働いてないもんね、しゃーない。ムショク、ニート、フリー、自由人、流浪人、寅さん、フリーメン、色々な呼び方があるので自由なのを使えばいいのですが、まぁつまるところ「ムショクってこと?」と聞き返されるのがおちだったりします。サクッと胸に刺さります。

 

つまり、自由に生きるには、若干のメンタルが必要なのです(笑)

 

そして、これに耐えられない人は意外と多そうな気がします。

 

もし真に自由になりたいのなら、若干のメンタルへのダメージは許容して好きなことをすればいい。なぜなら、好きなことを出来る可能性が一番高いのは基本的に「今」だからです。

 

でも、もしあなたが、就職するか迷っているけど他人に「ムショク」だったり「何かやばいやつ」と思われたくない、そんな評価、耐えられない!と思うのであれば、とりあえず就職してしまうのは全然ありだと思います。

 

なぜなら、新卒で就職してしまえば基本的には再就職しやすくなるし、「ちょっと会社辞めて好きなことするわ」と言う人は、往々にして「大学終わったから好きなことするぜー!」と言っている人よりも評価されやすいからです(笑)

 

ちなみに僕の場合は、大学4年生で一般企業への就職を考えたのは合計1時間くらいで(大学でやってた就活セミナーに途中参加してた間)、周りからも「普通の会社じゃやっていけなそう」と言われていたのでまぁ後押ししてもらった?というかなるべくしてなったと言う形です。

 

結局、結論はというと、大学卒業後すぐに好き勝手やるにはそれなりの覚悟が必要なので、まぁ心配なら就職を検討するのは全然ありだということになります。ただ、やはり人生でもしやりたいことがあるなら、それをできる最大のチャンスは常に「今」であるというのを胸に(なぜなら人はいつまで生きていられるかも、いつ家族に何が起きるかも、そしていつまで健康な体と心を保っていられるかも不確かだからです)、出来るだけ早くそれに挑戦してみるのが良いのではないかと思います。(老後のために生きるのはちょっともったいないかな、)

 

あと最後に付け足しておくと、僕がこの道を選べたのは、困ったらいつでも迎えてくれる家族がいたからだったりします。「たとえ海外で全財産を失おうが、日本に帰れさえすれば何とかなる」という思いがあったからこそ、アフリカや南米を一人で周ることが出来ました。

 

ちなみに最近は、絶賛ニート中です。一応読書や勉強をしていないわけではないのですが、まぁはたから見たら100%ニートなので、そろそろ働かねばいけぬか、、と思い始めました。

自由人とか寅さんとか名乗れなくなってきたので(笑)

 

以上です。悩める皆さん?の参考になれば幸いです。

ではまた